ここを見よ!青汁商品の選び方講座で重視すべき2つのポイント

 

青汁は人気が高まっており、今では商品もたくさん販売されています。

 

こんなに商品が豊富だと、どの青汁にしたらいいのかと悩む人も多いでしょう。

 

そんなあなたへ青汁を選ぶ時のポイントを2つご紹介しましょう。

 

ここを見ればいい青汁が選べますよ。

 

青汁の原材料に注目して選ぶ

 

 

青汁の栄養素は原材料で決まります。

 

この原材料がどれほど豊富に入っているかどうかで選びましょう。

 

青汁の原材料のメインは「ケール」「大麦若葉」「明日葉」です。

 

この3種類は栄養価が非常に優れており、体に良い材料なのです。

 

これらがたくさん含まれているものを選びましょう。

 

ケールのメリットは妊婦さんに大人気の葉酸が入っていたり、食物繊維が豊富で便秘解消にいいことです。

 

便秘解消効果の恩恵で、美容効果も高いですね。

 

その代わりにケールが多く含まれている青汁は臭くてまずいと言う欠点があります。

 

一番メインにケールが入っていると味がまずいことが多いのでお気をつけください。

 

大麦若葉のメリットはケールには及ばぬもものケールに次いで栄養素が豊富なところです。

 

抗酸化作用に優れており、美容に特化しています。

 

そして味に癖が少なく、大麦若葉の青汁は飲みやすいと評判です。

 

明日葉は健康に良い栄養分がたっぷり入っていて、大麦若葉同様に飲みやすいというメリットがあります。

 

このような特徴を把握した上で、自分が選ぶ青汁を決定しましょう。

 

青汁の種類に注目して選ぶ

 

青汁を選ぶ際はもう一つ見ておくべきポイントがあります。

 

それは青汁の種類ですね。

 

青汁には液体タイプ・冷凍タイプ・粉末タイプ・錠剤タイプなどいろんな商品が豊富に販売されています。

 

液体タイプはジュースのようになっていてパックで飲みます。

 

冷凍タイプはパックに入れて冷凍されています。

 

粉末タイプは粉状になっており、飲み物と混ぜ合わせて飲みます。

 

錠剤タイプはその名の通り、青汁が錠剤になって栄養素が詰め込まれています。

 

どの種類が一番自分の口に合うかよく考えて選ぶようにしましょう。

 

味のまずさが軽減されるのは粉状タイプと錠剤タイプです。

 

このタイプはイチ押しで、他の違って保存期限も持ちますのでおすすめします。

 

まとめ

 

このように原材料や種類を重視して青汁商品選びをしてください。

 

今の人気は大麦若葉入りの粉末タイプです。

 

飲みやすくて飲み方の自由度が高いのが人気の秘密ですね。

 

投稿日: