どっちが健康にいい?青汁とグリーンスムージーの違いとは?

 

一時期日本で大流行したグリーンスムージーと現在着実にリピーターを増やしている青汁…これはどちらも野菜の栄養素を摂れる飲料として人気です。

 

しかしこの2つの健康飲料の違いは何なのでしょうか。

 

どっちが健康にいいのでしょうか?青汁とグリーンスムージーの違いを解き明かしましょう。

 

味比べ!青汁とグリーンスムージーの違いは入っている材料にある

 

まずは味を比べてみましょうか。

 

青汁とグリーンスムージーで大きく違うのは味です。

 

青汁は苦くてまずいイメージですが、グリーンスムージーは甘くておいしいイメージがありませんか?この原因は果物の甘さなのです。

 

グリーンスムージーは葉物野菜に加えてあま~い果物を入れます。

 

この果物が甘さを引き出して美味しく飲めるのです。

 

それに比べて青汁はALL野菜でできています。

 

混じりっ気無しの野菜だけで作られた飲み物が青汁なのです。

 

この材料の違いによって、味は格段に違っていて、美味しさを求めるなら断然グリーンスムージーなのです。

 

栄養調べ!青汁とグリーンスムージーは栄養素が違う

 

先ほど青汁とグリーンスムージーの違いは材料だとご説明しましたが、これにより栄養素にも違いが出てきます。

 

栄養価が断然高いのは青汁で、グリーンスムージーと違って栄養素にこだわりがあります。

 

葉物野菜も小松菜や水菜などを使っているグリーンスムージーと違って、青汁は栄養価が抜群に高い代表的な葉物野菜であるケールや大麦若葉や明日葉などを使って作っているのです。

 

このため栄養価から比べると間違いようがなく、青汁の栄養分が高いです。

 

体の健康を考えたり、便秘解消効果を考えるなら断然青汁がおすすめです。

 

健康に良いものを選びたいなら青汁を選ぶべきでしょう。

 

まとめ

 

このように青汁とグリーンスムージーは原材料が違うという大きな違いがあるのです。

 

甘い=カロリーが豊富と言うことで、ダイエット向きなのは青汁です。

 

また栄養補給を考えたときにも圧倒的に野菜だけで作られている青汁がいいでしょう。

 

おいしく野菜を摂取したいときはグリーンスムージーがオススメですが、健康のことを考えるなら断然青汁を飲みましょう。

 

投稿日: