こんなに沢山ある!知っておきたい青汁の健康効果とは

 

ビタミンの健康効果

 

青汁のメイン原料となるケール、大麦若葉、明日葉といった野菜には多くのビタミンが含まれています。

 

その中のビタミンCはコラーゲンを生成する為に必要不可欠な栄養素と言えます。

 

ビタミンCは美容効果が高いことでも知られていますが体の中でも特に重要な骨、血管、筋肉、皮膚を丈夫にする働きがあり健康な体を目指すことが出来ます。

 

また老化や病気の原因の1つと言える活性酸素はタンパク質、脂質を酸化させてしまい動脈硬化といった生活習慣病を引き起こすリスクがあります。

 

青汁に含まれるビタミンAやCは活性酸素が増えるのを予防して若々しい体を保つ効果があると言われています。

 

さらに青汁に含まれる葉酸もビタミンB群の一種で認知症の予防効果があることが分かっています。

 

他にも青汁には血行促進効果があり脳血管の異常が原因で起こる認知症の予防効果もあります。

 

カリウムの健康効果

 

青汁に含まれるカリウムは高血圧の原因と言われる塩分を排出する働きがあり、血圧の上昇を予防することが出来るので心臓病、脳卒中といった病気の予防に効果的です。

 

他にもカリウムには体内の水分と塩分を調整する作用があるのでむくみを改善することが出来ます。

 

食物繊維の健康効果

 

ケール、大麦若葉、明日葉には豊富な食物繊維が含まれていて、腸内環境を良くすることで便秘の解消、免疫力を高める効果があり、また糖質、脂質の吸収をゆるやかにする働きがあるのでダイエット効果、糖尿病、肥満をはじめとする生活習慣病の予防効果があります。

 

腸内環境が良くなることで免疫力が高まることでアレルギー症状が緩和します。

 

その結果花粉といったアレルゲンの侵入を阻害しアレルギー症状が緩和します。

 

まとめ

 

青汁の健康効果としてはビタミンを多く含んでいるので骨や血管などを丈夫にして健康な体を目指すことが出来ます

 

さらにビタミンには病気や老化の原因となる活性酸素を減らしてくれるので生活習慣病の予防効果があります。

 

またカリウムには高血圧の予防、むくみの改善効果があり、食物繊維の働きにより便秘解消、免疫力のアップ、アレルギー症状の緩和が期待できます。

 

投稿日: