青汁での置き換えダイエットを効果的に行うやり方を紹介

 

置き換えダイエットは1日3回の食事の中で、1回をダイエット効果の高い食べ物や飲み物に置き換える方法です。

 

また、2食や3食置き換える方法もあります。

 

ただし3食置き換える方法はかなりハードであるので、置き換えるのは2食までを上限にした方が良いです。

 

その方が辛くないので、リバウンドのリスクがなく痩せる事が出来ます。

 

青汁置き換えダイエットのポイント

 

青汁を置き換えるダイエットを行う場合は、1食か2食までにしておきます。

 

3食置き換えると直ぐに痩せる事は出来るが、栄養不足になり体調を崩してしまう可能性があるので気を付けます。

 

1食置き換える場合は、効果が出やすくなるのは夜ご飯を青汁に置き換える方法です。

 

夜は消費カロリーが少なくなる時間帯であるので、沢山食べる必要がないです。

 

朝食と昼食は普段通りの量を食べて、夕食は青汁だけにします。

 

夜はゆっくり食べたいのであれば、朝か昼のご飯を置き換えると良いです。

 

青汁のメーカーによっては、スティックタイプになっているものもあります。

 

これなら、持ち運びがしやすく外出先でもランチの時に作って飲めます。

 

昼食に置き換えダイエットを行う事を考えている人は、スティックタイプを選びます。

 

朝忙しくて朝食を早く済ませたい人は、朝食に置き換える事で続けやすいです。

 

朝食なら時間がない人でも手軽に摂取出来て、普段朝ごはんを食べない人の場合は青汁を1杯飲むだけで栄養素を補えます。

 

便秘も解消

 

最近の青汁は飲みやすいように味が整えられているので、昔の青汁のように我慢をして飲む必要がないです。

 

美味しく飲めて、栄養補給が出来て健康や美容に良い成分が摂れます。

 

夕食を置き換えると、消化器官を休ませる時間が長く取れます。

 

これで翌日にはお通じが良くなるので、お腹が減って起きる習慣が身に付くので痩せやすい体になります

 

朝食に飲む場合は、何も食べない時に比べると昼ごはんのドカ食いをセーブ出来ます。

 

脳がしっかりと動くようになるので、午前中の仕事等が効率アップ出来ます。

 

投稿日: